■開催日
 平成14年8月23日・24日・25日

台風が過ぎたばかりの玄界灘で、6年目を迎える今回のビルフィッシュトーナメントが開催されました。
参加した艇数は26艇、前年はカジキがあがらなかっただけに今年こそはと全艇気合が入っていました。
結果的にはカジキ5本と最高の大会になりました。

8/23 参加艇が揃うマリノアの桟橋 8/23 キャプテン会議



8月23日参加艇がマリノア(西福岡マリーナ)に集合し、受付、キャプテン会議を済ませ翌日の早朝7時のスタートに向け解散。前年はカジキがあがらなかったせいか、今回の参加は26艇と前回より少なかったので、今年は絶対カジキをあげたいところ!
 24日早朝マリノアを出港し、スタートラインの能古島西から一斉にスタート、それぞれポイントに向け一直線に舵をとった。この日は風速10m波高2.5mと厳しい状況だったんですがカジキがヒット、そしてキャッチしたとの情報が各参加艇に流れていたせいか、ストップフィッシュまであきらめない艇が多く、結果3本のカジキがあがった。
この日カジキをあげたのはサンフィールド、ペガサス9、ストーリーUの3隻で、その他にもサワラやシイラなどカツオを捕食する大型の魚の活性が高く、翌日に向けてまだまだ波乱がおこりそうな空気だった。
 25日は壱岐の勝本漁港から7時にスタート、海面の状況は風速5m波高1.5mのち1mと前日よりもおだやかになり、参加全艇が揃ってスタートを切った。14時ストップフィッシュ、マリノアに16時までに帰港するルールだったんですが、この日も時間ギリギリまで釣行。そしてなんと前日に106キロのカジキをあげたサンフィールドがまた68キロのカジキをあげた。オーナーも今まで釣れてなかったぶん(苦節9年)が帳消しになるような笑顔でした。本当におめでとうございました。
総合優勝:チーム名 サンフィールド
艇名:サンフィールド
釣果:8/24シロカジキ 2m36cm 106.8kg 


準優勝:チーム名 ペガサスフィッシングクラブ
艇名:ペガサス9
釣果:8/24シロカジキ 2m42cm 108.8kg


←こちらはファーストマーリンのチームストーリーUの皆様。海外旅行を獲得!おめでとうございます。
その他、タグ&リリース賞にトローリングクラブ広島の艇名エリナ2。シイラ10本にタグを打ってみごと1位。2日間でこれだけの釣果はもちろん大会始まって以来の大漁となりました。恐るべし玄界灘ということでまた来年お会いしましょう。
3位:チーム名 ストーリーU
艇名:ストーリーU
釣果:8/24シロカジキ 1m79cm 41.3kg


見事なサワラですね〜。今回の釣果の中では食べたら一番うまいでしょう。 今回取材として船に同乗したKBCドーモのスタッフも玄界灘にカジキがいることを証明できて良かったですね。
ストップフィッシュの14時前にロールコール(無線報告)でファイト中という報告があったチームダイダイが帰港時間には間に合わなかったんですが、大会記録の118キロを釣り上げて帰港。大会の釣果にはなりませんでしたが、釣れたことがスゴイんだからそれはそれでOK!
マリノア西福岡マリーナに隣接するエバーグリーンマリノアホテルでのパーティー&表彰式ではファーストマーリン賞のストーリーUになんと海外旅行がプレゼントされるなどナイスな賞品もあって大盛り上がり!無事に終了した。