2005福岡ヨットレース 第6回メイヤーズカップ&第13回マリノアズカップ 結果報告

 今年の福岡ヨットレースは、9月25日(日)に開催予定が当日悪天のため11月6日に延期し実施となりました。今回もマリノア海洋倶楽部の目的の1つである国際交流として開催し、韓国ヨットマンに参加を呼びかけ、3チーム20名の参加がありました。レースは「第6回メイヤーズカップ」の24艇と「第13回マリノアズカップ」の19艇、全43艇が秋の博多湾で競いました。
 コースは両レースとも百道浜沖をスタートし、メイヤーズカップは能古島を右に見て玄界島を反時計廻りして小戸沖がゴール。マリノアズカップは能古島を交わした後、唐泊沖のブイを廻るコースでした。
 メイヤーズカップは西風5m/s〜9m/sの中、風上に向かうクローズホールドの状態で、一斉にスタート。昨年優勝の「ジグザグ」は若干遅れ、下側からの「メイビー」、「テクニシャン」、「ギャラクシー」が艇団をリードしました。勝敗の分れ目は西ノ浦のブランケット(陸地の影響で風のないとこ)で先頭艇のタイムロスを察知し、後続艇の中でうまく切り抜けた艇が上位に入りました。結果は山口県からの遠征参加「大海言」が優勝!室津に初めてメイヤーズカップを持ち帰りました。
 マリノアズカップは最近福岡のレースで好調の「ひらひら」が抜群のスピードを披露しトップフィニッシュしましたが「エクシード」が粘り強くくらいつき初優勝となりました。
 レース終了後の表彰式では韓国チームの紹介、抽選会なども盛り上りました。ヨットマンの皆様、これからヨットマンになる皆様、来年も開催しますので、是非ご参加ください。
左の写真はメイヤーズズカップ優勝の艇名「大海言」の皆様。副賞はビートルで行くペア釜山往復券と壱岐焼酎、ノースセール、キャプテンサンタ、シナコバ、その他いろいろ詰め合わせでした。市長杯以外は持ち回りじゃありません。山口からの遠征参加で優勝!ディフェンディングチャンピオンなので来年も参加してくださいね。

■メイヤーズカップ入賞
優勝 大海言
2位 ZIGZAG
3位 メタクサ
マリノアズカップ優勝の艇名「エクシード」の皆様。副賞はボルボ自転車と壱岐焼酎、自動膨張式ライフジャケット、ノースセール、キャプテンサンタ、シナコバ、その他いろいろ詰め合わせでした。

■マリノアズカップ入賞
優勝 エクシード
2位 ひらひら
3位 星翔
参加者の皆様には今年も寄せ書きを頼みました。
抽選会の目玉ボルボのマウンテンバイク。この他にも貰って嬉しいものばかり!?でした。(人形の置物は微妙)
今回、ボルボオーシャンレースの限定車を展示。これが賞品なら楽しいでしょうねー。海の男に似合うカッコイイ車でした。

主催:マリノア海洋倶楽部・JSAF外洋玄海(玄海ヨットクラブ)
主管:2005福岡ヨットレース実行委員会
後援:福岡市、福岡商工会議所、財団法人福岡観光コンベンションビューロー
協力:ヤマハ発動機販売株式会社、釜山廣域市ヨット協会、博多ヨットクラブ
協賛:キャプテンサンタ・アイランド、西和産業株式会社、ハウステンボス株式会社、マリンセンターマリノア、シナコバシーホーク、カンタベリーショップ福岡、宮川建設株式会社、西日本鉄道株式会社、株式会社クリーンシティ、FJ都市開発株式会社、セントラル警備保障株式会社、有限会社三協製作所、JR九州高速船株式会社、株式会社ノースセールジャパン(順不同)