2011.6.25から開催している「九州UMIアカデミー」の結果報告ページです。

6/25 開校式 13:00〜九州運輸局 (高学年・低学年 合同)

実行委員長、来賓の方々によるあいさつや、全日程の内容が掲載されたアカデミーノートの案内、注意事項を説明。

それぞれ専門の講師の方からルール説明と遊び方を学びました。

・これから始まる体験メニューを紹介。まずはカヤック。
・ライフセービングについて
・ビーチサッカーについて
・ビーチバレーについて
・アカデミーが始まる前の気持ちをアンケート。
・記念撮影

 

7/2 マリノアで学習+マリゾンでライフセービング 10:30〜16:00(高学年のみ)

西福岡マリーナ マリノアでFBS福岡放送の気象予報士 堀井よしみち先生による「海と気象」の学習。

雲でわかる天気の予測や、雷の対処方法などを学びました。

7/3のFBS福岡放送「NEWS5ちゃん」の天気予報で放映されました。

続いて福岡ライフセービングクラブの先生から人命救助について、心肺蘇生法やAEDの使い方を学びました。

昼食後、マリゾンに移動して、もし溺れている人がいたら、ペットボトルやランドセルなど少しでも浮くものを投げてあげる。それから119番通報など。危険の回避や対処を学びました。実際に水辺での走り方やライフセービングで使うボードを体験。

 

7/9 マリノアでマリーナ施設見学+カヤック体験+シーサイドももち海浜公園でビーチサッカー

 10:00〜15:30(高学年のみ)

いよいよ夏。という快晴、南風の中、九州UMIアカデミーをおこないました。

この日はマリノアの施設見学からスタート。船を上げ下ろしするエレベーターに乗ったり、西日本最大級の工場見学などをおこないました。

・施設見学の後、マリノアシティ福岡前の海面で、2人乗り、1人乗りのレクリエーショナルカヤックを体験しました。
・カヤック体験後の記念撮影。カヤックの次は西福岡マリーナ マリノアのクルーザー「マリノア1号」で、博多湾をクルージングしました。
・昼食のあと、シーサイドももち海浜公園に移動してビーチサッカーを体験しました。日本代表選手のコーチから直接学びました。

 

7/30(土)福岡市漁業協同組合姪浜支所で演習+シーサイドももち海浜公園でビーチバレー体験

10:00〜16:00(高学年のみ)

マリノアでオリエンテーションを実施したあと、バスで福岡市漁業協同組合姪浜支所を訪問しました。

姪浜支所の野上会長から博多湾で捕れる魚、海を大事にしている話し、朝市の話し、海苔の養殖の話しなどを聞きました。

その後、施設見学では魚を保存する大型冷蔵庫やマイナス20度の冷凍庫、イケスなどを見学しました。

これから調理する魚(カンパチ・マダイ)を網ですくいました。
 

まずは組合の方にお手本を見せてもらい、交代でさばきました。さばいた魚はお刺身にして昼食のお弁当と食べました。(新鮮!)

福岡市漁業協同組合姪浜支所の皆様、ご協力ありがとうございました。

・昼からシーサイドももち海浜公園に移動してビーチバレー体験。レシーブ、トスなど基礎練習のあと実践をしました。
高学年は次回9月19日にシーサイドももち海浜公園集合で「総合体験」です。

 

8/9(火)福岡市漁業協同組合姪浜支所で演習+シーサイドももち海浜公園でビーチバレー体験

10:00〜16:00 (低学年のみ)

マリノアでオリエンテーションを実施したあと、バスで福岡市漁業協同組合姪浜支所を訪問しました。

高学年と同様に、姪浜支所の野上会長から博多湾で捕れる魚、海を大事にしている話、朝市の話、海苔の養殖の話などを聞きました。

その後、施設見学では魚を保存する大型冷蔵庫やマイナス20度の冷凍庫、イケスなどを見学しました。

・これから調理する魚(スズキ・マダイ)を網ですくいました。  

組合の方にお手本を見せてもらい、交代でさばきました。捌いたお魚はお刺身にして昼食のお弁当と食べました。(新鮮!)

福岡市漁業協同組合姪浜支所の皆様、ご協力ありがとうございました。

昼からシーサイドももち海浜公園に移動してビーチバレー体験。高学年のときよりも基礎練習を中心に、低めのネットでレシーブ、トス、サーブなどを体験しました。

 

8/16(火) マリノアで学習「海と気象」+学習「ライフセービング」+

 シーサイドももち海浜公園で「ライフセービング」体験 (低学年のみ)

マリノアでオリエンテーションを実施したあと、FBS福岡放送の気象予報士 堀井よしみち先生による「海と気象」の学習。いろいろな雲の種類と、そこからわかる天気予報などを学びました。

続けて午後からの「ライフセービング」体験に向けて、心肺蘇生法やAEDの使い方を学びました。

午後からはシーサイドももち海浜公園で「ライフセービング」の体験。水際で走る方法やボードを使った人命救助を体験しました。
福岡ライフセービングクラブの皆様、ご協力ありがとうございました。

 

9/17(土)マリノアでカヤック体験+マリーナ施設見学+博多湾クルージング+

シーサイドももち海浜公園でビーチサッカー体験 (低学年のみ)

・カヤックの前に準備運動
・マリーナの海面でレクレーショナルカヤックを体験
・カヤックの次はマリノアのクルーザーで博多湾をクルージング。
・マリーナの施設見学。
・船を陸から海へ出港させるテーブルリフトを体験
・午後からはシーサイドももち海浜公園でビーチサッカー体験
・まずはドリブル練習
・試合形式に挑戦! ・チームワークもバッチリ!
・最後に記念撮影

 

9/23(金)九州UMIアカデミー 総合体験(低学年・高学年 合同)

9/19に予定した総合体験でしたが悪天候により9/23にシーサイドももち海浜公園で実施しました。

佐々木実行委員長、及び九州運輸局の池端様よりあいさつがあり、これまでの体験で練習した「ビーチサッカー」、「ビーチバレー」、「カヤック」の本番として実施しました。

・ビーチを清掃しました。掃除中に10/1で海岸漂着物の工作で使える貝殻も取りました。

 

10/1(土)九州UMIアカデミー 学習+演習(低学年・高学年 合同)

低学年、高学年が合同で実施する座学中心のメニューを実施しました。人数が多いので、2グループに分けて実施しています。

「キッズ・ふね検」ではみんなバッチリ予習していたようで、全問正解が多かったようでした。講師の日本海洋レジャー安全・振興協会 竹内先生もビックリ。

「海洋生物」ではプロジェクターで映し出された玄界灘で見られる魚や、危険な生物(クラゲ、エイなど)の映像を観ながら、マリンワールドから来て頂いた三宅先生の貴重なお話しを聞かせてもらいました。

「風とヨット」では、学習メニューが多い日だったので、実際にヨットを使って、セイルを上げました。

オリンピック強化選手候補の沖西先生の指導のもと、協力すればやれる!というチームワークも体験できました。

Aグループ記念撮影 Bグループ記念撮影
・グループ別に福岡県水産海洋技術センターを訪問して、シアターで映像鑑賞。佐藤先生に案内してもらいました。

・センターの内田課長から いつでも遊びにきてください。と ありがたいお言葉。映像鑑賞のあとは、近隣で取れた貝やガラスなどの海岸漂着物をフォトフレームに着けるアートに挑戦。

福岡県水産海洋技術センター

 

11/3(土)九州UMIアカデミー修了式 (低学年・高学年 合同) 
海上保安部の巡視艇「ちくぜん」に乗船して、食堂で普段のお仕事や救助活動などを聞きました。艦内の見学では3班にわかれて、厨房、船橋(操船室)、デッキなどを見学しました。ちなみに「ちくぜん」は映画海猿の撮影で使用された船で、艦内には出演者のサインもありました。
福岡海上保安部の皆様、ご協力ありがとうございました。
バスで九州運輸局に戻り、昼食後は学習「星と航海術」。講師は宗像ユリックスの角田先生。北斗七星、カシオペアから北極星を探す方法や、海と関係する星座の紹介などがありました。
続いて学習「海洋生物U」。講師はマリンワールドから来て頂いた三宅先生。海洋生物は2回目ですが、今回はマリンワールド海の中道での動物の健康管理や、イルカやアシカの調教方法などを学びました。
全メニューが終了。修了式では笹川スポーツ財団の渡邉氏による保護者の方へのリサーチがありました。 日本海洋レジャー安全・振興協会の杉山氏から、10月1日に受験した「キッズふね検」の認定証が授与されました。

 

最後に実行委員長から修了証とメンバーズカードが授与されました。

こちらはメンバーズカード。

平成23年から実施された「九州UMIアカデミー」でしたが、参加者の皆様、「U・M・I=海」を満喫できましたでしょうか?

今後もマリンキッズの育成という素晴らしいテーマをもって進化していきたいと思います。

 

今回、保護者の皆様はもちろん、関係各社の皆様の協力により事故もなく無事に終了することができました。

主旨に賛同いただき、ご支援、ご協力本当にありがとうございました。・・・・・・・事務局スタッフ一同

 

公益財団法人笹川スポーツ財団 助成事業

TOPページへ