九州UMIアカデミー 目的・背景

日本は、国土を海で囲まれた自然豊かな国です。その海から国民は様々な恩恵を受けております。

しかし、次世代を担う子どもたちは、学校教育において、それらに対する教育を十分に受けていなのが現状です。

このような中、 2007 年に海洋国家日本の権益を守り、国民が海についての理解と関心を深めることを目的とした海洋基本法が施行されました。

海洋基本法第 28 条 (海洋に関する国民の理解の増進等)では、「国は、 国民が海洋についての理解と関心を深めることができるよう、学校教育及び社会教育における海洋に関する教育の推進 、海洋法に関する国際連合条約その他の国際約束並びに海洋の持続可能な開発及び利用を実現するための国際的取組みに関する普及啓発、 海洋に関するレクリエーションの普及等のために必要な措置を講ずるものとする 。」と規定されています。

一方、わが国の学校教育は、文部科学省が定めた学習指導要領に沿って行われており、ウォータースポーツ及び海洋教育を包括的に教育する教科や単元がないのが現状です。そのため、海を総合的に学ぶための機会の不足が指摘されています。

そこで、福岡マリンスポーツプログラム 2011 「九州 UMI アカデミー」では、複数のスポーツ団体、行政等との連携を図り、市民にウォータースポーツ及び海洋教育の必要性と重要性を認識してもうことで学校教育及び社会教育として定着させ、真の海洋国家の醸成を目的に本事業を実施いたしました。

福岡県マリンスポーツ実行委員会

公益財団法人 笹川スポーツ財団

九州UMIアカデミーページへ戻る